画像|メインビジュアル

訓子府サテライト トピック


北海道地域づくりフォーラムのお知らせ

きたる10月15日(土)に以下の日程でフォーラムが開催されます。

今、全国で地域づくりに大活躍されている方々をお招きし、地域のこれからについて深く考え、議論する場になると思います。

皆様の参加、お待ちしています。参加申込みの締め切りは10月12日(水)となっております。

チラシはこちら

申込用紙はこちら(ワード形式PDF形式

また、H.P.の問い合わせフォームからも受付いたします。
以下の必要事項をこちらのフォームから記入してお申し込みください。

○問い合わ内容(リストから「その他」をお選びください)
○お名前(全角)
○お電話番号(半角数字)
○メール(半角英数字)
○内容
「北海道地域づくりフォーラム参加申込み」と記入し、 住所、所属をご記入ください。
また、懇親会への参加の有無をお知らせください。

北海道「地域づくりフォーラム」のご案内

日 時 1015日(土) 13時開場 1330分開始

会 場 ガーデンシティ札幌きょうさいサロン (旧・TKP札幌カンファレンスセンター「きょうさいサロン」)

参加費 フォーラム2000円  懇親会費3000

13:3013:40 開会セレモニー

13:4014:20 基調講演「暮らしの原点を問い直す」哲学者 内山 節氏

14:2516:00 1部 パネルディカッション

「地域に貢献する経営者の企業哲学と人生観」

パネラー  島根県大田市 石見銀山生活文化研究所  松場登美氏

高知県馬路村 馬路村農業協同組合長 東谷望史氏

長野県伊那市 グリーンファーム会長 小林史麿氏

コーディネーター/『かがり火』発行人 菅原歓一

16:0016:10 休憩

16:1017:30 2部 パネルディカッション

「北海道の新しい価値創造のヒント」

パネラー  東京 元建設省河川局長 尾田栄章氏

北海道下川町 NPO法人「森の生活」代表 奈須憲一郎氏

北海道大樹町 柏台ファーム代表 相馬行胤氏

北海道美瑛町 ペンション「POKROK」オーナー 谷尾 恵氏

コーディネーター/北海道大学大学院農学研究院助教 小林国之

17:3017:40 閉会ごあいさつ ノースプレインファーム社長 大黒宏

18:0020:00 懇親会 KKRホテル札幌
住所 札幌市中央区北4条西5丁目
電話 011-231-6711
アクセス等は以下のH.P.をご覧ください http://www.kkr-hotel-sapporo.com/contents/access/index.html

主催/北海道地域づくりフォーラム実行委員会

協力/北大農学研究院・一般社団法人オホーツクテロワール・オホーツク寒気団・知恵熱人・北の星座共和国・NPOしりべつリバーネット・270万石空知結ばん会・かがり火発行委員会


訓子府サテライト座談会「食と農を通じた地域への貢献」開催のお知らせ

訓子府サテライトでは以下の日程で座談会を開催します。

訓子府町内外で食に関する活動をされている方を交えて、食と農を通じて地域に何ができるのか考えてみませんか。何かしたい気持ちはあるけどまだ具体的な取り組みに移せていない、とりあえず傍観してみたい、という方、参加大歓迎です。お気軽にお越しください。

【日時】2011年2月1日(火) 13:00~15:00

【場所】訓子府町農業交流センター (旧訓子府駅) 会議室

【対象】農家・酪農家・消費者

【参加予定者】 *敬語略・順不同

 石川修(ビストロkunneppu)

 洞政義(スノーマーチ普及委員会)

 牧嶋重雄(ファーマーズマーケット夢ミール)

 高城美恵(FP夢ミール)

 柴田涼・谷弘人・中村裕一(ベジタブルプロダクションSTN)

 小林清美(ベジタブル&フルーツマイスター)

 大黒宏(興部町(株)ノースプレインファーム)

 坂下明彦(北海道大学農学研究院教授)

 小林国之(北海道大学農学研究院特任助教)

 網走農業改良普及センター

 北海道大学農学部の大学生・大学院生  他多数

【お問い合わせ】北大訓子府サテライト(タカナシ) 0157-47-4828

★主催★北海道大学訓子府サテライト・訓子府町・訓子府町教育委員会★


基盤学Ⅲ販売実習「北大マルシェ」開催決定

食の安全・安心基盤学Ⅲでは、農作業実習にくわえて、販売実習も行うことになっています。
8月27日、28日の両日、北大農学部前において「北大マルシェ」を開催します。
学生が農作業をお手伝いしている富良野市の農家の方の生産物のほか、訓子府サテライト、栗山サテライト、余市サテライトをはじめ、北の3大学と関わりのある道内の産地・生産者の方に、こだわりの農産物・食品を提供していただき、北大農学部のキャンパスにおいて「マルシェ」を開催することになりました。
詳しくはこちらをご覧ください。

生産者の想いを消費者の方々に伝える場を提供する。マルシェを通じた交流をきっかけに、北海道の農村の魅力を伝える場となればと思っています。魅力的な食のほかに、生産者の方々と交流できる場も用意します(ポスターをご覧ください)。
皆様のご来場をお待ちしております。

北大農学部正面玄関前広場 当日はここにテントが並ぶ予定です

北大農学部正面玄関前広場 当日はここにテントが並ぶ予定です


3/23 訓子府町女性交流会の模様

前回御案内しておりました「訓子府町女性交流会」が3/23に開催されました。

当日は、長野大学の大野先生の講演にはじまり、訓子府町で力を入れているばれいしょの新品種の紹介や試食会も
おこなわれ、大いに盛り上がりました。

時間があまりなく、参加していただいた皆様に十分交流していただく時間がとれずに、失礼しました。


訓子府町まちづくり委員会番外編改め『まちづくりを語る会』(2)

前回、「まちづくり委員会番外編」としてご紹介しましたが、訓子府町役場企画財政課の原口さんによって「まちづくりを語る会」ときちんと名付けられていました。有志の会合。3月19日に2回目が行われました。今回、前回参加された河合先生、株式会社ヒサジマから西野さん、農家の西森さん、清井さん、訓子府新報から竹村さん、役場の原口さんと私が再度参加。そして、語る会が終わって河合先生が退席されてから雑談している間に、農家で駅茶屋で時々直売をされている小林さんも合流されて長時間の会合になりました。

今回は、まず河合先生から京都の京野菜に関する取り組み事例のご紹介がありました。京都は少量多品目生産の京野菜の伝統があり、安心・安全の波の中で注目されています。今、これをどう京都の人々の生活に活かすか、また以前から消費されている町屋以外の地域にどうやって広めていくかが課題となっており、去年から地下鉄の駅を利用した京野菜の直売が始まりました。直売をするために、京都市が販売員を専属で1駅につき3品程度雇用しており、それが単なる野菜の販売→利益という単純路線だけではなく、①雇用者への農業理解(生産方法からレシピなどの食べ方まで)、②配達を始めたことによる高齢者との交流、③こうしたことを専門的に行う人ができたことによって農家と地域との橋渡しがスムーズに行われるようになった、など、思わぬ波及効果が見られたということです。
こうした事例を踏まえて、訓子府町の旧駅舎活用(まちづくりにどういう役割を果たせるのか)、訓子府町独自のよさをどう活かすか、駅舎での直売は…?といった議題で話が進みました。
・駅で直売を行う場合、今ある直売所「もぎたて市(エーコープくんねっぷ内)」とは違った路線にならざるを得ないだろうが、お互い競合せずに補い合う形で進むのが望ましい。
・直売所として始めたら、京都市のように販売員を雇用して、(町内の人が見つかればいいが、外の人でも歓迎)農家と町の人をつなぐ役割を期待したい。しかし、冬場の仕事をどう確保していくかは課題であり、最低限の生活を保障できるような仕組みが必要だろう。
・直売から汎用して学校給食、独居老人、子育て世帯などへの食の供給とそれを通しての交流などの方向を模索できないか。駅の活用法としては、農業関連のイベントを定期的に駅舎で行うようにしたらどうか。
などなど、積極的に意見が出されました。

前回は、参加者と河合先生とのやりとりが中心だったのに対して、今回は参加者同士の話し合いに発展してきました。「まちづくり委員会」は今年度で終わり、来年度以降は新しい体制で行われるそうですが、河合先生は不定期で来町されて「まちづくりを語る会」も継続されそうです。先生なしでも続いていけるようになったら、それが本物の「まちづくり委員会」かもしれません。

(訓子府 たかなし)


訓子府町女性交流会のお知らせ(3月23日)

3月23日、訓子府公民館多目的ホールにおきまして、訓子府町女性交流会を開催します。

長野大学から大野晃先生をお迎えして、「これでいいのか、地域の明日を考える」という題目でお話をいただきます。
また、訓子府町独自の町おこしの取り組みとして、スノーマーチ普及委員会にご協力いただき、活動の紹介と、スノーマーチを試食しながらの懇談会を予定しております。
詳細はこちらをご覧ください。
多数のみなさまのご参加をお待ちしております。

*町内に在住の女性の方を対象としておりますが、近隣にお住まいの方で参加希望の方は事前に訓子府サテライトまでご連絡ください。

北海道大学訓子府サテライト
0157-47-5058(高梨子)


北海道農家の会(つるつる温泉)

だいぶ報告が遅れてしまいましたが、2月26日、つるつる温泉で行われた北海道農家の会に参加させていただきました。きっかけは、訓子府でこだわり農業をしていらっしゃる中西さんからお誘いを受けたこと。さらに、今回の世話役になっていらした養鶏農家の西山さん、加工実習でお世話になった北見の小林さんからも声をかけていただいたので、一緒に参加させていただくことにしました。
北海道農家の会は、農文協の声掛けで始まったものらしく、毎年北海道の各地を巡って年1回開かれているそうです。「1泊2日で、24時間議題もなく語り合う」ということだったので、どんなものか想像がつかなかったのですが、早く言えば農家の交流会(飲み会)でした(笑)。
参加していた農家はオホーツク地域の農家の方々が中心で、自然ときちんと向き合って真剣に農業されている方々ばかりでした。有機農業、自然農法に取り組んでおられて、さらに販売までほぼ個人でしている方がほとんど、ということでいろいろ伺いたいことがあったのですが、残念ながら時間の関係上個別で詳しく経営について伺うことはできませんでした。
こうした方の農業に取り組む姿勢の中には、これからの地域と農業を考える上で必ず学ぶことがあると思います。これから少しでも多くの近隣農家をまわってお話を伺おうと思います。
(訓子府サテライト たかなし)


第5回加工講習会(訓子府)

地元野菜を使った加工講習会は、訓子府町農林商工課が主催で、昨年度から開かれています。
特産品に乏しい訓子府町で、農産物加工促進の糸口となれば、と、町長が考案され、農業改良普及員でベジタブル&フルーツマイスターの小林さん(北見市在住)が講師となって行われ、今回が5回目(同じ内容で3日行われました)。訓子府町日出地区で10年以上手作り味噌を作って町内の学校、老人ホームなどの施設に寄付している「日出味噌の会」から町内産大豆の寄付を受け、今回のテーマは「大豆」。メニューは①家庭で作れる寄せ豆腐、②おからコロッケ、③おからドーナッツ、④味噌汁、の4品です。

訓子府町には立派な加工室があり、そこでは頻繁に豆腐づくりが行われているため、みなさんお豆腐づくりにはなじみがあるようです。でも、加工室でつくるお豆腐は、専用の設備で、一度に40丁!できてしまうため、なかなか家ではできません。今回はペットボトルを使って本当に簡単に作れるお豆腐でした。
rimg0649
rimg0653

加工講習会は2年間で5回行われましたが、今回で最後ということで、これまでの反省と感想、これからどうするか、ということを、出来上がった料理を食べながらざっくばらんにお話しました。大豆を提供してくださった日出味噌の会のお母さん方を対象とした日は、これから味噌の販売、味噌が無理でも原料大豆の直売ができないか、ということが主な話題でした。来年以降、販売実現に向けて頑張ってください!また、他の町民の方を対象とした回では、大豆を買って自分で味噌を作っている人もいるし、手作り味噌に対する需要もある。もっと地元の農産物が買えるところがあれば…というお話もたくさん聞けました。


訓子府まちづくり委員会 番外編

訓子府町では、昨年度、今年度の2年間の予定で、酪農学園大学の河合先生をアドバイザーに迎え、
まちづくり委員会が開かれています。
2月19日、河合先生が、まちづくり委員会開始時間前にお茶会(?)を開かれたので参加させていただきました。

私は、まちづくり委員会本編(?)は、子育ての関係上一度も参加できていないのですが
今訓子府まちづくり委員会で合意されているのは足の確保、乗合タクシーをつくろう、という
ことだそうです。河合先生曰く、最終的には住民が町づくりに直接かかわれる仕組み、
予算を有効活用して自分たちで予算の使い方まで決められるような仕組みづくりが
まちづくり委員会の目指すものであるようです。
そして、そのための一つのとっかかりとして、今回、旧駅舎の活用、商業と農業をつなぐ場所として
駅を有効活用できないかということで、今旧駅舎を利用して喫茶店を開いていらしゃる谷口さんを中心に
いろんな人に集まってもらって座談会を開かれました。

今回参加されたのは、たまたま次の日北見で行われる地域自治研究会に参加予定で、河合先生と同じ汽車に乗っていらした小田先生(北海学園大学)、駅茶屋オーナーの谷口さん、商工会から西田さん、環境整備事業(酪農の臭気対策など)をしていらっしゃる株式会社ヒサジマの西野さん、農家の小沢さん、西森さん、清井さんの奥さんと訓子府新報記者の竹村さん、役場の企画課のみなさん、私(高梨子)です。
駅が町の中心として人の集まる場になるかどうか、ということについては、道道から奥に入ったところにあるので土日にイベントを開くなど、積極的に人を集める努力が必要、という意見がだされました。
元農協理事の西森さんから、ファーマーズマーケット構想、Aコープのもぎたて市の代表をされている清井さんからは産直の現状などが語られ、駅舎での農産物直売の可能性について議論がありました。
また、訓子府もっとこうしたら、こんなことが困っている、という話題では、結局車に乗れる間は不自由はなく、とても住みやすい町だとみなさん感じているようです。私自身も、小児科がない以外は比較的子育てしやすい町だと思っています。

訓子府では、このような「肩書にこだわらない茶話会」的な集まりが決定的に不足していて、これから重要になる思います。
個々の農家は自立的で、優良農家が多いのが訓子府の特徴ですが、地域としてまとまりを考えた時、どういう訓子府にしたいか、どういう訓子府にするかを考える場所が空白なのが現状です。自立のための協力はまとまりができやすいのですが、自立した個を緩いつながりでまとめていくのは難しい。

サテライトでも積極的にお茶会、茶話会、座談会を企画したいと思います。


第2回訓子府サテライト座談会(青年部)

1月26日、訓子府町公民館にて訓子府サテライト座談会を行いました。2回目の今回は、地域の若手農業者と一緒に地域の課題と方向性について意見交換をしようと呼びかけたところ、農協青年部6名、役場、農協職員3名の方に集まっていただきました。北大からは訓子府の高梨子と、札幌の小林と松本が参加しました。

rimg0008

最初の自己紹介では、学校や前職など就農までの経緯は様々でも、地元や家業である農業への愛着、就農後や経営移譲による意識や責任感の変化(特に経営主である父との関係)を経験してきたことなど、みな共通に語っていたのが印象的でした。

続いて話を進める糸口として、町の人口・世帯や農業生産の動向などを示し、資料に目を通して気がついた点、地域の現状や今後の課題として考えられることを挙げてもらいました。

議論の中では、町人口は減少しながらも、農業生産が維持されており後継者も比較的確保(Uターン含め)されている点は、親の世代や先人たちが地域の条件や時代の変化に対応してきたことの成果であるとしつつ、一方で作付構成が固定化しており新規作物や経営の多角化など新しい方向性を見出しづらいという認識もあることが明らかになりました。

参加していただいた6名の平均年齢は30歳。およそ就農3~10年目の若手とはいえ、すでに経営移譲した方もあり、今後の経営展開についても有機栽培での高付加価値化や、経営の多角化とそのための労働力の確保、今後の政策展開への対応や、農外の人との交流・連携といった課題など、個人的な目標・夢を含めて大いに語ってもらいました(その後も場を移しての交流は深夜まで続きました)。

初会合としてはちょうど良い人数だったと思いますが、今後はより具体的なテーマについて学習・検討し、地域全体の課題や目標に向けて自由な話し合いを続ける中で、参加した各々の関心や課題にも応えることができる場にしたいと思います。また、テーマが定まっていけば、サテライトと大学間の約300kmの距離をつなぐテレビ会議システムも有効に使えると思います。より多くの皆さんのご参加をお願いします。(M)


食の安全・安心 北の3大学連携 地域拠点型農学エクステンションセンター 北海道大学 札幌サテライト
〒060-8589 北海道札幌市北区北9条西9丁目 農学部内 TEL:011-706-2405