画像|メインビジュアル

富良野サテライト最新記事一覧


北海道地域づくりフォーラムのお知らせ

きたる10月15日(土)に以下の日程でフォーラムが開催されます。

今、全国で地域づくりに大活躍されている方々をお招きし、地域のこれからについて深く考え、議論する場になると思います。

皆様の参加、お待ちしています。参加申込みの締め切りは10月12日(水)となっております。

チラシはこちら

申込用紙はこちら(ワード形式PDF形式

また、H.P.の問い合わせフォームからも受付いたします。
以下の必要事項をこちらのフォームから記入してお申し込みください。

○問い合わ内容(リストから「その他」をお選びください)
○お名前(全角)
○お電話番号(半角数字)
○メール(半角英数字)
○内容
「北海道地域づくりフォーラム参加申込み」と記入し、 住所、所属をご記入ください。
また、懇親会への参加の有無をお知らせください。

北海道「地域づくりフォーラム」のご案内

日 時 1015日(土) 13時開場 1330分開始

会 場 ガーデンシティ札幌きょうさいサロン (旧・TKP札幌カンファレンスセンター「きょうさいサロン」)

参加費 フォーラム2000円  懇親会費3000

13:3013:40 開会セレモニー

13:4014:20 基調講演「暮らしの原点を問い直す」哲学者 内山 節氏

14:2516:00 1部 パネルディカッション

「地域に貢献する経営者の企業哲学と人生観」

パネラー  島根県大田市 石見銀山生活文化研究所  松場登美氏

高知県馬路村 馬路村農業協同組合長 東谷望史氏

長野県伊那市 グリーンファーム会長 小林史麿氏

コーディネーター/『かがり火』発行人 菅原歓一

16:0016:10 休憩

16:1017:30 2部 パネルディカッション

「北海道の新しい価値創造のヒント」

パネラー  東京 元建設省河川局長 尾田栄章氏

北海道下川町 NPO法人「森の生活」代表 奈須憲一郎氏

北海道大樹町 柏台ファーム代表 相馬行胤氏

北海道美瑛町 ペンション「POKROK」オーナー 谷尾 恵氏

コーディネーター/北海道大学大学院農学研究院助教 小林国之

17:3017:40 閉会ごあいさつ ノースプレインファーム社長 大黒宏

18:0020:00 懇親会 KKRホテル札幌
住所 札幌市中央区北4条西5丁目
電話 011-231-6711
アクセス等は以下のH.P.をご覧ください http://www.kkr-hotel-sapporo.com/contents/access/index.html

主催/北海道地域づくりフォーラム実行委員会

協力/北大農学研究院・一般社団法人オホーツクテロワール・オホーツク寒気団・知恵熱人・北の星座共和国・NPOしりべつリバーネット・270万石空知結ばん会・かがり火発行委員会


基盤学Ⅲ販売実習「北大マルシェ」開催決定

食の安全・安心基盤学Ⅲでは、農作業実習にくわえて、販売実習も行うことになっています。
8月27日、28日の両日、北大農学部前において「北大マルシェ」を開催します。
学生が農作業をお手伝いしている富良野市の農家の方の生産物のほか、訓子府サテライト、栗山サテライト、余市サテライトをはじめ、北の3大学と関わりのある道内の産地・生産者の方に、こだわりの農産物・食品を提供していただき、北大農学部のキャンパスにおいて「マルシェ」を開催することになりました。
詳しくはこちらをご覧ください。

生産者の想いを消費者の方々に伝える場を提供する。マルシェを通じた交流をきっかけに、北海道の農村の魅力を伝える場となればと思っています。魅力的な食のほかに、生産者の方々と交流できる場も用意します(ポスターをご覧ください)。
皆様のご来場をお待ちしております。

北大農学部正面玄関前広場 当日はここにテントが並ぶ予定です

北大農学部正面玄関前広場 当日はここにテントが並ぶ予定です


社会人マイスター試行開講【富良野】

本事業の目玉である社会人マイスター授業が来週、試行開講されます。
この授業は「食の安全・安心に関する確かな知識を持ち、
それを地域に発信・還元できる人材を育成すること」を目的として開講されるものです。
授業後の試験、そして1年かけた実践を通して、三大学による社会人マイスターが付与される予定ですが、
地域の反応をみたいということで、今年は試行開講となりました。
従って、今年受講してもマイスターは付与されませんのでご注意下さい。
ただ、より良い授業にしていくには、今年から多くの参加が求められます。
現在まで多くの応募がありますが、まだ空きがあります。
受講料無料、興味のある授業だけの受講も可能です。
興味がある方はお問い合わせ下さい。

ちなみに、授業内容は下記の通りです。
3月8日(月)
13:30~15:30「食の安全・安心基盤学とは-安全と安心の違い-」
15:45~17:15「ふらの地方学(じかたがく)と地域ブランド」
3月9日(火)
13:30~15:00「安全の裏側にある理論-硝酸を取り巻く問題から-」
3月10日(水)
10:00~12:00「地元農業を理解する」(各30分ずつ)
        ・メロン直売所物語
        ・東山の農業と農村づくり
        ・ふらの玉ねぎのブランド形成
13:30~15:00「安心を伝えるコミュニケーション」


富良野農村実態調査報告会(3月5日)

今年度を通じて、富良野サテライトでは農村実態調査を行ってきました。
その報告会を3月5日(金)富良野市東山支所で17時から開催します。
報告会では、サテライトの糸山研究員からの報告のほか、
地域再生診療所(http://www.tiiki-saisei.jp)の井上所長から
「(仮)地域再生へのアドバイス」というテーマでの基調講演も行われます。
井上所長は、都市農山漁村交流活性化機構評議員や地域力創造アドバイザー(総務省)など、
地域再生に関わる多岐の活動を行っておられており、示唆に富む講演が期待されます。
食の安全・安心基盤の確立には農村の維持・活性化が最重要な課題であり、
今後の展開についても活発な議論がなされると思われます。
興味のある方は、富良野サテライトまでお問い合わせ下さい。


ドラマチックゆきんこ祭り【富良野】

e99baae5838fe5ae8ce68890e59bb3 2月7日に富良野山部地区で開催される山部ゆきんこ祭りのため、
 大池くんと浅野くん(北大生)と共に雪像作りをしました。
 6日午後のみの制作のため、山部農業を特徴付けて制作が容易なメロンが
 有力候補でしたが、現地を見てプラン変更に迫られました。
 他の雪像の完成度が高く、メロンは手抜きと言われてしまうと思ったからです。
 そこで、メロンに代わって「口(くち)」を作ることにしました。
 一番上の写真は大池くんが書いた完成予定図です。
 口を作ることにしたのは、食の安全・安心をテーマとして、
rimg0070 「食べられても安心」な雪像を作ろうとしたためです。
 ところが、制作するうちに、口だけでは物足りず、
 補足で目玉を付けようとしたら!上唇が半崩壊(TT)
 補修+制作に追われるなか、当日の最高気温-10度にやられ、
 思考停止者も現れましたが、前夜祭にぎりぎり間に合い完成しました。
 「食べられても安心」というより「食べられたくない」というのが
 制作者の率直な感想です。
 そして翌日、朝から強風が吹き、イベントは危険だということで、
rimg0088 ゆきんこ祭りは11日に延期されてしまいました。
 その上、温度が零度近くまで上昇し、午後雪像を見に行ったら!
 上あご全てが崩壊しておりました(TT)
 何から何までドラマチックな雪像作りでしたが、
 最後は実行委員会によって6つ穴が開けられたビルの雪像になってました。
 それをみた知り合いの農家さんからは「手抜きしたな」と言われました。
 顛末が分かってたら、最初から手抜きしたのにと、
 現実の厳しさを思い知らされる出来事でした(糸山)。


富良野緑峰高校で特別授業

p1200002  1月20日(水)午後に富良野緑峰高校で特別授業をしてき
 ました。緑峰高校は1999年に市内の農業高校、工業高校、
 富良野高校の商業科を一緒にして設立された高校です。
  今回の特別授業は、高校を卒業した人を対象とした農業
 特別専攻科で行いました。高校を卒業した人ですから、既
 に後継者として就農されている方が多く、平均年齢25~26
 歳のクラスだったようです。
  授業は「地域のブランド化と次世代への期待」というテー
 マで、富良野サテライトの設立背景や現在取り組んでいる
 地産地消をベースとした地域のブランド化などを話してきま
 した。 
 こちらの話が終わった後、数名の学生に現在の取り組みなどへの感想を聞いてみたところ、地産地消の取り
組み以上に、食の安全・安心に関する社会人教育への関心が高いように感じられました。
 これまで社会人教育が地域にどれだけ受け入れられるか心配でしたが、今回の授業を通してその心配が少
し緩和されました。特別専攻科との連携が、もしかすると社会人教育の成功の鍵を握るかもしれないと、こちら
も教えられる充実した授業でした(糸山)。 


富良野玉ねぎ栽培農家調査報告

1月14日(木)~15日(金)にかけて、北大の方達(札幌:総勢8名)とともに、
富良野市の玉ねぎ栽培農家(約30戸)を調査してきました。
この調査の本来の目的は、農協共販のあり方を考えるというものでしたが、
調査を通して富良野(ふらの農協)における食の安全・安心への取り組みも理解できました。

rimg0066 農協本所に行くと、駐車場に大きな看板があって、
 写真にあるような「エコフード」マークが大きく描かれています。
 これは一般慣行栽培より防除回数を2割減少させて、
 食の安全・安心に取り組んでいるという証しを示すものです。
 この「エコフード」の取り組みは、農協が合併した2001年から開始され、
 食の安全・安心が注目される以前からの取り組みだそうです。
 しかも、このエコフードは全正組合員が取り組むものとして、
 生産履歴の提出が求められ、開始当初は反発もあったようですが、
 収量への影響は特段なく、現在も続けられています。
 ただし、市場での価格プレミアムは全くなく、「減農薬栽培も皆で取り組
 むと慣行栽培化する」という言葉は考えさせられるものでした。

この「エコフード」の他に、農協では特別栽培の農産物も扱っています。
特別栽培は、エコフードより栽培基準が厳しく、当然高い価格となりますが、
高いのは栽培基準とともに契約販売という売り方とも関係しているようです。
しかも、ふらの農協の特別栽培の栽培基準は農協独自のものらしく、
減農薬やYes!Cleanなどの多様な基準による農産物生産はロット販売の障害になるとして、
2003年ぐらいに農協独自の統一基準を設けたそうです。

rimg00631 ふらの農協における玉ねぎ集荷率は80%前後だそうですが、
 調査後のミーティングにおいても同様な結果を確認できました。
 写真は、そのミーティング後の飲み会の風景です。
 残り20%は、10%が市内外の青果取扱業者(慣行)で、
 10%が特定業者(特栽)といった感じでした。
 手数料等の経費の違いが農協外利用の背景のようでした。
 個人的に農協共販のあり方を考えれば、手数料等以上に、
 販売以外も取り扱う総合性の強みを発揮することが重要では
 ないかと思います(糸山)。


富良野東山地区の冬景色

富良野東山地区の冬景色 実態調査中に撮影した写真です。
 景色に加え、畑のなかの鹿の足跡が印象的です。
 東山地区は全国的に類を見ない鹿柵を張っていて、
 冬は柵を下ろすため鹿が入ってきます。
 柵は頑丈な魚網で、不思議なことに角がからまるよう
 になっています。
 網にかかった鹿は、凶暴になるため、外してやること
 はできず、ハンターに駆除されます。
 かわいそうかもしれませんが、適正頭数を上回ってい
 る鹿は駆除してやらなければなりません。
 人間の身勝手ゆえの代償とでもいえましょうか


農村実態調査 移住者編 第二弾【富良野】

皆様、新年明けましてあめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年早々、移住者への農村実態調査第二弾を行ってきました。
今回は、東山地区で旅館(ダラムサラ-:http://www11.plala.or.jp/daramusara/)を営まれている生駒さんと、
埼玉から移住されてきた笠倉さんに、移住してきた背景や移住してきてからの感想などを伺ってきました。

rimg0057
生駒さんは、1994年に大阪から移住されてきていました。
富良野広域(上富良野~南富良野)で、主に本州の都会客を相手とした
旅館経営をしたいというのが背景にあり、その時ちょうど売りに出ていた
東山地区の旅館があったことから、東山地区に転入されてきていました。
ですが、空港やJRなどの便の悪さがあって、経営的には厳しいとのことでした。
それでも関東・関西からのリピーター客がいたり、旅館名から推測できるインド好きのお客さんが
いらっしゃるようでした。
インド好きのお客さんからすると、東山地区はインド北部のカシミール地方に似ていると言われるようで、
ついこの前テレビで偶然見たのを思い出して、確かにヒマラヤ山系が夕張山系に似ていました。
詳しくは、ダラムサラ-の「富良野あれこれ」をご参照下さい。
このように風景は絶景なものの、富良野全体の問題として病院問題と教育問題があると指摘されていました。
教育問題とは、特に高校、大学進学を考えると、富良野にいるとデメリットが多いということで、
若い移住者を呼ぶ際の大きなネックであることを痛感させられました。

rimg0061
一方、笠原さんは定年移住者で、教育問題は既に終えられていましたが、
同様に「子供を育てる環境としてはちょっと…」と、暗に同じ問題を指摘されていました。
病院問題も言われていましたが、本州の都会暮らしに見切りをつけて来たため想定内だし、
都会でも大病院に行くなら同じ時間がかかると言われたことは納得させられました。
移住してからの感想は、農家の方が温かく接してくれ、充実した日々を送っていると、満足されていました。

ここで、これまでの移住者の聞き取りをまとめると、
農家の方となじめれば住むには最適だが、教育問題が大きな壁としてあるということができます。
今年の市への報告書に盛り込み、考えていってもらいたいと思います。

e38380e382a4e383a4e383a2e383b3e38389e38380e382b9e38388

ところで、今朝ダイヤモンドダストをみました。
写真の屋根にみえるポツポツがそうです。
そのことを旭川出身の家内に話したら、上川管内では当たり前と一蹴されてしまいました。
九州出身の自分からすると、感動を一蹴されてへこみましたが、
この新鮮な感覚は忘れないようにしたいと思います(糸山)。


富良野緑峰高校で授業予定

1月20日(水)午後に、富良野サテライトの糸山研究員が、緑峰高校の農業専攻科の生徒に授業を行います。
地域のブランド化と次世代への期待というテーマで、農家をめぐる農業情勢とこれからの新たな動きとしての地域ブランド化について話す予定です。
詳細は富良野サテライトまでお問い合わせ下さい。


食の安全・安心 北の3大学連携 地域拠点型農学エクステンションセンター 北海道大学 札幌サテライト
〒060-8589 北海道札幌市北区北9条西9丁目 農学部内 TEL:011-706-2405