画像|メインビジュアル

札幌サテライト活動報告

ここでは北海道大学 札幌サテライトの活動報告を随時更新しています。

北海道地域づくりフォーラムのお知らせ

きたる10月15日(土)に以下の日程でフォーラムが開催されます。

今、全国で地域づくりに大活躍されている方々をお招きし、地域のこれからについて深く考え、議論する場になると思います。

皆様の参加、お待ちしています。参加申込みの締め切りは10月12日(水)となっております。

チラシはこちら

申込用紙はこちら(ワード形式PDF形式

また、H.P.の問い合わせフォームからも受付いたします。
以下の必要事項をこちらのフォームから記入してお申し込みください。

○問い合わ内容(リストから「その他」をお選びください)
○お名前(全角)
○お電話番号(半角数字)
○メール(半角英数字)
○内容
「北海道地域づくりフォーラム参加申込み」と記入し、 住所、所属をご記入ください。
また、懇親会への参加の有無をお知らせください。

北海道「地域づくりフォーラム」のご案内

日 時 1015日(土) 13時開場 1330分開始

会 場 ガーデンシティ札幌きょうさいサロン (旧・TKP札幌カンファレンスセンター「きょうさいサロン」)

参加費 フォーラム2000円  懇親会費3000

13:3013:40 開会セレモニー

13:4014:20 基調講演「暮らしの原点を問い直す」哲学者 内山 節氏

14:2516:00 1部 パネルディカッション

「地域に貢献する経営者の企業哲学と人生観」

パネラー  島根県大田市 石見銀山生活文化研究所  松場登美氏

高知県馬路村 馬路村農業協同組合長 東谷望史氏

長野県伊那市 グリーンファーム会長 小林史麿氏

コーディネーター/『かがり火』発行人 菅原歓一

16:0016:10 休憩

16:1017:30 2部 パネルディカッション

「北海道の新しい価値創造のヒント」

パネラー  東京 元建設省河川局長 尾田栄章氏

北海道下川町 NPO法人「森の生活」代表 奈須憲一郎氏

北海道大樹町 柏台ファーム代表 相馬行胤氏

北海道美瑛町 ペンション「POKROK」オーナー 谷尾 恵氏

コーディネーター/北海道大学大学院農学研究院助教 小林国之

17:3017:40 閉会ごあいさつ ノースプレインファーム社長 大黒宏

18:0020:00 懇親会 KKRホテル札幌
住所 札幌市中央区北4条西5丁目
電話 011-231-6711
アクセス等は以下のH.P.をご覧ください http://www.kkr-hotel-sapporo.com/contents/access/index.html

主催/北海道地域づくりフォーラム実行委員会

協力/北大農学研究院・一般社団法人オホーツクテロワール・オホーツク寒気団・知恵熱人・北の星座共和国・NPOしりべつリバーネット・270万石空知結ばん会・かがり火発行委員会


明けましておめでとうございます

本日より新年の業務を開始いたしました。

大学院講義「食の安全・安心基盤学Ⅱ」は6日から再開します。

今年もよろしくお願い申し上げます。(M)

rimg01391


北大マルシェ終了しました

さる8/27、28
北大農学部前庭で開催された「北大マルシェ」。

食の安全・安心基盤学Ⅲという実習の枠組みを超え、大勢の皆様にご来場いただきました。

初めての開催ということもあり、午後にはほとんどのブースで品切れ状態となり、また会場内での休憩場所が足りないなど、至らないところはたくさんありましたが、当日出店していただきました生産者・関係者のみなさま、そしてご来場いただきました大勢のお客様に、この場を借りて心よりお礼申し上げます。

「思いを届ける市場」というテーマが十分に実現できたのか、これから反省すべき点はたくさんあります。
ですが、大学と地域との関係、食の安全・安心の基盤としての人々とのつながり、品質をいかに保証するような制度を作り上げていくのか。来年度に向けて多くの課題が見つかりました。そうした課題を一つ一つ解決しながら、つぎのステップにつなげていきたいと思います。

農学部の前庭が「マルシェ」になりました

農学部の前庭が「マルシェ」になりました


北大マルシェ 取材うけました

北大マルシェの開催日時も近づいて、実行委員の活動もあわただしくなっております。
自分の研究・実験に加え、富良野での農作業実習、マルシェの実行委員と多忙な日々を過ごしています。
実行委員の所属する研究室の先生方には、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

さて、そんな中、今日、北海道新聞の記者の方が取材にいらっしゃいました。
実行委員からは委員長の吉川君、副委員長の原田君、広報担当の沼田さんが取材を受けました。

記事になるのが楽しみですね。

取材をしていただきましてありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

取材される様子を取材しました

取材される様子を取材しました


栗山町農業振興公社推進委員会にて

6/8 栗山サテライトの運営にもご協力いただいております栗山町農業振興公社の「推進委員会」に、
ポリコムにて参加させていただきました。今年度第一回の目の委員会ということで、委員の委嘱、役員選出などに続き
北の三大学連携の取り組みを紹介させていただきました。

推進委員会では、課題別に三つのグループに分かれて、地域農業振興のための検討を行うことになっております。

サテライトも課題解決の取り組みに協力させていただければと思っております。また、当日は事務局として北大の大学院生で、栗山サテライトに駐在している棚橋さんも紹介していただきました。現在は、農業構造のデータ解析を行っているということです。

委員会の最後には、北大の柳村先生より、「農業の次世代継承をどのように考えればよいか」というテーマで特別講演もありました。

ポリコムにて、札幌サテライトより参加した坂下先生

ポリコムにて、札幌サテライトより参加した坂下先生


北海道農家の会(つるつる温泉)

だいぶ報告が遅れてしまいましたが、2月26日、つるつる温泉で行われた北海道農家の会に参加させていただきました。きっかけは、訓子府でこだわり農業をしていらっしゃる中西さんからお誘いを受けたこと。さらに、今回の世話役になっていらした養鶏農家の西山さん、加工実習でお世話になった北見の小林さんからも声をかけていただいたので、一緒に参加させていただくことにしました。
北海道農家の会は、農文協の声掛けで始まったものらしく、毎年北海道の各地を巡って年1回開かれているそうです。「1泊2日で、24時間議題もなく語り合う」ということだったので、どんなものか想像がつかなかったのですが、早く言えば農家の交流会(飲み会)でした(笑)。
参加していた農家はオホーツク地域の農家の方々が中心で、自然ときちんと向き合って真剣に農業されている方々ばかりでした。有機農業、自然農法に取り組んでおられて、さらに販売までほぼ個人でしている方がほとんど、ということでいろいろ伺いたいことがあったのですが、残念ながら時間の関係上個別で詳しく経営について伺うことはできませんでした。
こうした方の農業に取り組む姿勢の中には、これからの地域と農業を考える上で必ず学ぶことがあると思います。これから少しでも多くの近隣農家をまわってお話を伺おうと思います。
(訓子府サテライト たかなし)


第5回加工講習会(訓子府)

地元野菜を使った加工講習会は、訓子府町農林商工課が主催で、昨年度から開かれています。
特産品に乏しい訓子府町で、農産物加工促進の糸口となれば、と、町長が考案され、農業改良普及員でベジタブル&フルーツマイスターの小林さん(北見市在住)が講師となって行われ、今回が5回目(同じ内容で3日行われました)。訓子府町日出地区で10年以上手作り味噌を作って町内の学校、老人ホームなどの施設に寄付している「日出味噌の会」から町内産大豆の寄付を受け、今回のテーマは「大豆」。メニューは①家庭で作れる寄せ豆腐、②おからコロッケ、③おからドーナッツ、④味噌汁、の4品です。

訓子府町には立派な加工室があり、そこでは頻繁に豆腐づくりが行われているため、みなさんお豆腐づくりにはなじみがあるようです。でも、加工室でつくるお豆腐は、専用の設備で、一度に40丁!できてしまうため、なかなか家ではできません。今回はペットボトルを使って本当に簡単に作れるお豆腐でした。
rimg0649
rimg0653

加工講習会は2年間で5回行われましたが、今回で最後ということで、これまでの反省と感想、これからどうするか、ということを、出来上がった料理を食べながらざっくばらんにお話しました。大豆を提供してくださった日出味噌の会のお母さん方を対象とした日は、これから味噌の販売、味噌が無理でも原料大豆の直売ができないか、ということが主な話題でした。来年以降、販売実現に向けて頑張ってください!また、他の町民の方を対象とした回では、大豆を買って自分で味噌を作っている人もいるし、手作り味噌に対する需要もある。もっと地元の農産物が買えるところがあれば…というお話もたくさん聞けました。


ドラマチックゆきんこ祭り【富良野】

e99baae5838fe5ae8ce68890e59bb3 2月7日に富良野山部地区で開催される山部ゆきんこ祭りのため、
 大池くんと浅野くん(北大生)と共に雪像作りをしました。
 6日午後のみの制作のため、山部農業を特徴付けて制作が容易なメロンが
 有力候補でしたが、現地を見てプラン変更に迫られました。
 他の雪像の完成度が高く、メロンは手抜きと言われてしまうと思ったからです。
 そこで、メロンに代わって「口(くち)」を作ることにしました。
 一番上の写真は大池くんが書いた完成予定図です。
 口を作ることにしたのは、食の安全・安心をテーマとして、
rimg0070 「食べられても安心」な雪像を作ろうとしたためです。
 ところが、制作するうちに、口だけでは物足りず、
 補足で目玉を付けようとしたら!上唇が半崩壊(TT)
 補修+制作に追われるなか、当日の最高気温-10度にやられ、
 思考停止者も現れましたが、前夜祭にぎりぎり間に合い完成しました。
 「食べられても安心」というより「食べられたくない」というのが
 制作者の率直な感想です。
 そして翌日、朝から強風が吹き、イベントは危険だということで、
rimg0088 ゆきんこ祭りは11日に延期されてしまいました。
 その上、温度が零度近くまで上昇し、午後雪像を見に行ったら!
 上あご全てが崩壊しておりました(TT)
 何から何までドラマチックな雪像作りでしたが、
 最後は実行委員会によって6つ穴が開けられたビルの雪像になってました。
 それをみた知り合いの農家さんからは「手抜きしたな」と言われました。
 顛末が分かってたら、最初から手抜きしたのにと、
 現実の厳しさを思い知らされる出来事でした(糸山)。


第2回訓子府サテライト座談会(青年部)

1月26日、訓子府町公民館にて訓子府サテライト座談会を行いました。2回目の今回は、地域の若手農業者と一緒に地域の課題と方向性について意見交換をしようと呼びかけたところ、農協青年部6名、役場、農協職員3名の方に集まっていただきました。北大からは訓子府の高梨子と、札幌の小林と松本が参加しました。

rimg0008

最初の自己紹介では、学校や前職など就農までの経緯は様々でも、地元や家業である農業への愛着、就農後や経営移譲による意識や責任感の変化(特に経営主である父との関係)を経験してきたことなど、みな共通に語っていたのが印象的でした。

続いて話を進める糸口として、町の人口・世帯や農業生産の動向などを示し、資料に目を通して気がついた点、地域の現状や今後の課題として考えられることを挙げてもらいました。

議論の中では、町人口は減少しながらも、農業生産が維持されており後継者も比較的確保(Uターン含め)されている点は、親の世代や先人たちが地域の条件や時代の変化に対応してきたことの成果であるとしつつ、一方で作付構成が固定化しており新規作物や経営の多角化など新しい方向性を見出しづらいという認識もあることが明らかになりました。

参加していただいた6名の平均年齢は30歳。およそ就農3~10年目の若手とはいえ、すでに経営移譲した方もあり、今後の経営展開についても有機栽培での高付加価値化や、経営の多角化とそのための労働力の確保、今後の政策展開への対応や、農外の人との交流・連携といった課題など、個人的な目標・夢を含めて大いに語ってもらいました(その後も場を移しての交流は深夜まで続きました)。

初会合としてはちょうど良い人数だったと思いますが、今後はより具体的なテーマについて学習・検討し、地域全体の課題や目標に向けて自由な話し合いを続ける中で、参加した各々の関心や課題にも応えることができる場にしたいと思います。また、テーマが定まっていけば、サテライトと大学間の約300kmの距離をつなぐテレビ会議システムも有効に使えると思います。より多くの皆さんのご参加をお願いします。(M)


富良野緑峰高校で特別授業

p1200002  1月20日(水)午後に富良野緑峰高校で特別授業をしてき
 ました。緑峰高校は1999年に市内の農業高校、工業高校、
 富良野高校の商業科を一緒にして設立された高校です。
  今回の特別授業は、高校を卒業した人を対象とした農業
 特別専攻科で行いました。高校を卒業した人ですから、既
 に後継者として就農されている方が多く、平均年齢25~26
 歳のクラスだったようです。
  授業は「地域のブランド化と次世代への期待」というテー
 マで、富良野サテライトの設立背景や現在取り組んでいる
 地産地消をベースとした地域のブランド化などを話してきま
 した。 
 こちらの話が終わった後、数名の学生に現在の取り組みなどへの感想を聞いてみたところ、地産地消の取り
組み以上に、食の安全・安心に関する社会人教育への関心が高いように感じられました。
 これまで社会人教育が地域にどれだけ受け入れられるか心配でしたが、今回の授業を通してその心配が少
し緩和されました。特別専攻科との連携が、もしかすると社会人教育の成功の鍵を握るかもしれないと、こちら
も教えられる充実した授業でした(糸山)。 


食の安全・安心 北の3大学連携 地域拠点型農学エクステンションセンター 北海道大学 札幌サテライト
〒060-8589 北海道札幌市北区北9条西9丁目 農学部内 TEL:011-706-2405